遊びに行こうぜ!
 遊びに行こうぜ!

「第47回 小田原梅まつり」 2月4日から開催

「第47回 小田原梅まつり」 2月4日から開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
富士の景色と3万5000本の白梅
富士山と箱根の山々を背景に、約3万5000本の梅が咲き誇る、「第47回 小田原梅まつり」が、曽我梅林・小田原城址公園などで、2月4日から3月5日まで開催される。

メインとなる曽我梅林は、中河原・原・別所の3つの会場に分かれ、期間中は数々のイベントを開催。2月11日には「第31回流鏑馬」が予定されている。

小田原梅まつり
小田原城址公園も撮影スポットとしても人気
小田原では今から約600年以上も昔、北条氏の時代に梅の実を兵糧用にするため、城下に多くの梅の木が植えられ、江戸時代には、小田原藩主の大久保氏により梅の栽培が奨励され急速に増加したという。

曽我梅林では、食用梅の生産が目的のため、その殆どが白い花の白梅になっているが、ほかにも観賞用の紅梅やしだれ梅など、まちなか梅林内のいたるところで香り漂う梅を楽しむことができ、この地から 眺める富士山は「関東の富士見百景」にも選定されている。

また、小田原城址公園にも約250本の梅が植えら、撮影スポットとしても人気の場所。その他、小田原フラワーガーデン、辻村植物公園でも可憐な梅の花を楽しむことができる。

各会場には売店が設けられ、甘酒やおでんなどのほか、特産品である梅干しや梅ワイン、梅ジャムなどが販売される。

(画像は小田原市観光協会「第47回小田原梅まつり」より)


外部リンク

小田原市観光協会 「第47回小田原梅まつり」
http://www.odawara-kankou.com/event/umematsuri.html

曽我別所梅まつり観光協会 「小田原梅まつり」
http://soganosato.com/index.html

Amazon.co.jp : 小田原梅まつり に関連する商品
  • 光と星の共演「小岩井ウィンターイルミネーション 銀河農場の夜」(11月10日)
  • 夜の幻想的な水族館「神戸須磨アクアイルミナージュ」開催(11月8日)
  • 昼夜で異なる秋景色「御船山楽園紅葉まつり」(11月6日)
  • 冬しか見られない景色「青い池・白ひげの滝ライトアップ」(11月5日)
  • 駅舎がまるごとスタバに!「道後温泉駅舎店」12月22日オープン(11月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着ニュース30件






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    遊びに行こうぜ!モバイルサイトへアクセス
    https://www.asobiniikoze.com/