遊びに行こうぜ!
 遊びに行こうぜ!

京都・城南宮、「しだれ梅と椿まつり」 2月18日から開催

京都・城南宮、「しだれ梅と椿まつり」 2月18日から開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
しだれ梅が春の訪れを告げる
。京都市伏見区の城南宮では、「しだれ梅と椿まつり」が、神苑で、2月18日~3月22日まで開催される。

神苑は四季折々の美しさを見せることから、「源氏物語花の庭」と称され、築山の一つである春の山では、例年2月になると早春の花が次々と開花。150本のしだれ梅がうすべに色や紅白の花を装い、春の訪れを告げる。

城南宮・しだれ梅と椿まつり
梅や椿の移り行く景色を楽しめる
城南宮は、794年の平安京遷都に際し、都の安泰と国の守護を願い、国常立尊(くにのとこたちのみこと)を八千矛神(やちほこのかみ)と息長帯日売尊(おきながたらしひめのみこと)に合わせ祀り、城南大神と崇めたことが創建と伝えられ、城南宮とは平安城の南に鎮まるお宮を表す。

境内に広がる神苑「楽水苑」は、源氏物語に描かれた80種あまりの草木が植栽されています。「源氏物語花の庭」として親しまれ、季節ごとに美しさが楽しめ、春と秋の年2回行われる「曲水の宴」は王朝の雅を伝える行事として名高い。

「しだれ梅と椿まつり」では、「探梅(たんばい)」、「観梅(かんばい) 」、「惜梅(せきばい) 」と移り行くしだれ梅の景色が楽しめる。

また、神苑入り口から春の山、さらに平安の庭では、12月から3月の末にかけて300本の椿が次々に花開き神苑を彩り、中輪白色の「初嵐(はつあらし)」、ピンク椀咲き大輪の「曙(あけぼの)」、愛らしい真紅の藪椿「城南椿」など多くの品種の中からお気に入りの花を愛でることができる。

期間中は、室町の庭と桃山の庭の間に建つお茶席「楽水軒」では、巫女がお菓子と抹茶を出し、美しい庭園を見ながら、花などをかたどった愛らしい和菓子と抹茶を味わえ、神楽殿表舞台もしくは拝殿では、梅の花を冠にさした巫女が、梅の枝を手に持ち神楽を舞う「梅が枝神楽」を見ることができる。

(画像は城南宮公式サイトより)


外部リンク

城南宮 公式サイト
http://www.jonangu.com/index.html

Amazon.co.jp : 城南宮・しだれ梅と椿まつり に関連する商品
  • 光と星の共演「小岩井ウィンターイルミネーション 銀河農場の夜」(11月10日)
  • 夜の幻想的な水族館「神戸須磨アクアイルミナージュ」開催(11月8日)
  • 昼夜で異なる秋景色「御船山楽園紅葉まつり」(11月6日)
  • 冬しか見られない景色「青い池・白ひげの滝ライトアップ」(11月5日)
  • 駅舎がまるごとスタバに!「道後温泉駅舎店」12月22日オープン(11月5日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    新着ニュース30件






























    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    遊びに行こうぜ!モバイルサイトへアクセス
    https://www.asobiniikoze.com/